たくぼんのブログ

パソコン、楽器、その他 思いついたことを思いつくまま書いてます

子供の受験の振り返り

子供の中学受験の振り返り

結構時間がたってしまいましたが 今年2020年の2月には子供の中学受験がありました。

その感想を振り返りとして書いておきたいと思います。

 

受験の結果としては 第一志望には届きませんでしたが、希望に近い中学に入ることができました。

 

はじめに

うちの子供は小学校4年生の冬期講習から受験のための塾に行っていました。学校での成績はいいほうとは言えず、むしろ悪いほうだったと思います。なぜ受験をさせようかと思った理由としては このままなにもせず 中学になり その後 高校受験を考えたときにとてもやばい状況になるのではないかと思ったのが正直な理由です。本人は4年生なので特に深く考えてもなく  この時は「受験してもいいよ」的なノリでした。

 

 

4、5年生

塾に行くこと自体は 嫌がってはいませんでしたが、偏差値が高い中学に行きたいというわけではないので 行ってるだけという状態だったと思います。 成績も塾のクラスではいつも下のほうでした。5年生になると 模試もありますが 受けるだけで 復習もしないため 伸びるわけではなく ずっと同じ調子でした。

 

6年生

6年生になると 塾の回数も増え 時間も長くなります。 毎日 お弁当をもって塾に行くような状態でしたが 相変わらず 行くこと自体は嫌がっていません。成績は横ばいです。

夏休みになり 塾の合宿があり この合宿で 勉強の習慣がついたのか 少し変わったように思ったのですが これも 一瞬の変化で学校が始まると また まえの状態と同じようになりました。 

友達と遊びたいというのが 強く勉強はどうでもいい感じで、友達と同じ中学行きたいから中学受験はしないという発言もあったりもし 受験に対する気持ちも薄くなっている感じでしたが、紙一枚で受験への気持ちがある状態でした。

1月

受験まであと一か月、冬期講習もありました。 ここまで来たら焦らないでいうことですが全然ここまでにできていないので 焦らないでと言われても焦ります。

1月に受験の予行練習として 1月に受験可能な中学を受験しましたが まさかの敗退。

また焦る。ただ本人も少しやばいという現実を少し認識したように見えました。

 

2月1日

さあ本番です。最長5日間のテスト漬けの日程となります。

午前中は 第一志望の中学 出来は本人曰く まあまあ ということでした。

午後は 少し移動して別の中学受験。こちらもまあまあ ということでした。

 

2月2日

本日も午前午後のダブルヘッダー。 午前はまあまあ、午後は できなかったという感想でした。午後の試験の直前の見直しで簡単なミスにイラッとしてしまい きつく言ってしまったりして反省。

 

2月3日

本日もダブルヘッダー、野球で鍛えて体力だけは自信があるということです。

午前のテストが終わって、午後の試験会場へ移動。 午後の会場への到着が早かったのか1番目の到着でした。試験まで最終チェックを一緒にしました。

 

2月4日

ここは 安全パイの学校を受験です。実は他の中学の合格をもらっていたので 受験どうしようかと思っていたのですが せっかくなので受験するることにしました。

 

5日間4日間にわたる受験は終了しました。

 

感想

第一志望の学校には縁はありませんでしたが、合格いただいた学校は本人は非常に気に入った学校で 試験日に「第一志望と両方受かったらこっちに来ようかな」と言っていたぐらいなので結果的にはよかったと思います。

はじめに不合格が続いた時の本人の ちょっとしたがっかりした表情は今までみたことのない残念そうな表情で 私は忘れることが出来ません。また 合格をみたとき 思わずハグしたとき 嬉しくて泣いていたのも忘れることはないでしょう。本人曰く 「長い塾の時間が報われた」と言ってました。

受験自体の感想としては うちの子供は精神的に幼く、好きなことを我慢して勉強するというのはできませんでした。中学受験に向き不向きがあるとすれば 大人な子供もほうが向いているのかなと思いました。正直運よく受かったというところはありますが 本人はそれなにの達成感もあるようです。